総務部

  

雨中看杲日(うちゅうにこうじつをみる)

 

 12月となりました。残り1か月何とか支部員の皆様には無事に終わってほしいものと思います。今年の最大の出来事は平成から令和の改元で大きな歴史の節目の御代替わりでしょう。
 節目の儀式のときには雨が降っていたのに急に止んで虹が出ました。偶然でありましょうが偶然とは思わせない神々しさを感じさせます。各国のニュースサイトでは各国元首等の前でEmperorに即位したことを宣命したと報じていました。Kingは沢山いますがそれを超えた呼称のEmperorは現在では世界でただ一人しかいません。国体の歴史の長さと重みで自然と他国からそう呼ばれているのでしょう。

 ところで、即位の儀式の最中に虹が出ましたが、虹は雨が止んでから出ますが雨の中で太陽が輝いているという禅語があります。「雨中に杲日を看る」(うちゅうにこうじつをみる)です。雨の中で燦然と輝く太陽を看るということです。天気雨ということもありますが常識ではあり得ないことです。でも、常識をいったん捨てれば有りうることになります。看るとは単に表面的に見るのではなく、心を持ってみることです。厚い雨雲の向こう側にはお日様が杲(かがや)いています。見えなくても厳然と存在していることを看えるといっているのでしょう。心の持ち方で見えないものも看えてくるということなのでしょう。

 さて、雨の日には駅前のタクシー乗り場は待っていらっしゃるお客様で長蛇の列です。なかなか車が来ない状況の中では雨中に真白いタクシーが来たらホッとすることでしょう。まさに雨中に杲日を看る思いだと察します。傘替わりに乗る近場のお客様が多いと思いますが駅付けを宜しくお願いします。        
 雨の日には視界も悪く慎重な運転をしたいものです。タイヤも滑りやすくなりますので注意が必要です。

 この一年間皆様から様々なご協力、ご指導ご鞭撻を頂き、無事に何とかやってまいりました。誠にありがとうございました。皆様方に於かれましては素晴らしい年を迎えられますこと祈念致します。来年も宜しくお願い申し上げます。

                                        

           
                                      支部長  関屋總明   

    
お知らせ 役員紹介 お知らせ
お知らせ