総務部

 

帰家穏座(きかおんざ)

  明けましておめでとうございます。昨年中は皆様のご協力を賜り、無事一年を終えたことに感謝申し上げます。依然としてコロナ禍が収まらない中、東京オリンピック・パラオリンピックが開かれるような状況でした。当支部におきましても新年会はコロナ禍で取りやめ、支部旅行も昨年度は該当年度ではなく、サークル活動も休止しているところもあるような状態で支部員同士の親睦の機会もなく、皆様寂しい思いをしたことと存じます。

  コロナで旅立って逝かれた方もあり、残念です。今年こそはコロナ禍を克服して支部員同士和気あいあいと触れ合える機会があることを願ってやみません。

 ところで今年は寅年です。動物の虎と重なって考えられています。虎にちなんだ諺(ことわざ)があります。「虎は千里往って千里帰る」です。遠い千里の地まで行っても必ず帰ってくるという事であり、それほどの勢いもあるという事も含まれていることでしょう。

 各地のお城の門には虎ノ門というのがありますが、そこから戦いに出ると必ず帰って来られることを願って名付けられたのでしょう。

虎と言えば虎のパンツを鬼が穿いていますが鬼は鬼門から出入りします。鬼門は北東にあり、北東は丑寅の方向です。鬼の角は丑すなわち牛の角であり鬼の穿いてるパンツは虎の毛皮です。鬼は牛虎のいいところを兼ね備えています。

さて、千里往った虎も帰る家がなくては心おちつかないでしょう。

帰る家があるという事はとても幸せなことです。禅語に「帰家穏座」という語があります。疲れて家に帰ってホットして休み、心穏やかに座れる場所や横たわる場所があることは素晴しいことです。禅語の帰る「家」とは本来の自己とか生まれながらの邪心の無い心を指していてそこに戻ることのようです。

皆さんも長距離営業してもどうか無事に帰ってきてください。冬は凍結しているところもあるかもしれません。安全運転でお願いします。虎のように遠くに行っても自分の帰る場所にしっかりと帰り、十分休憩をとってコロナに罹らず、病気原因の事故も起こさず素晴らしい年であることを祈念致します。

          支部長  関屋 總明


 



お知らせ 役員紹介 お知らせ
お知らせ